小動物専用デジタルX線診断装置 VPX-500LCDR II
販売企業:日本光電工業株式会社|製造企業:東芝医療用品株式会社|製造販売企業:アールテック社(日本)

● 製品について

ひと味違う高画質を、手軽に扱えます。

● 特長

●X線発生器VPX-500にデジタル検出器内蔵のX線撮影台を組み合わせ、一体化させた装置です。
●デジタル一体化することで、トータルシステムで装置管理を行います。
●デジタル画像を4秒以下の短時間で得られます。
●大型犬も余裕でカバーする、最大出力125kV、250mAの大容量X線管球を搭載しています。
●撮影口径は430mm×430mmで、大型犬の胸部・腹部・妊娠の一枚撮りが可能です。
●20インチ高画質ディスプレイを搭載しています。
●デジタル装置のメリットを活かし、日々の診断をサポートいたします。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。