電子麻酔記録付注射薬認識システム iMRS mini
製造販売企業:株式会社ソルブ

● 製品について

【3つのシステムが融合!!】
〈電子麻酔記録〉〈リスク管理機能〉付き注射薬・特定保険医療材料認識システムです。

● 特長

●手術室・ICUで使用した注射薬・特定保険医療材料を、1本ずつ認識システム(iMRS)で読み取ることにより、注射薬・特定保険医療材料についているバーコードを認識し、iMRSの画面へ表示・データ化すると同時に麻酔記録システムに薬品名が表示されます。
●現在多数の病院で使用されている電子麻酔記録(paper Chart)と、注射薬認識システムとを連携することで、麻酔科の先生の業務軽減とリスク管理をサポートします。
●注射薬についているバーコード(GS1データバー(旧:RSS))を読み取ることで、注射薬の正確な使用本数がカウントでき、確実な医療請求が可能となります。
●看護師や臨床工学技士側に、ノートパソコンとバーコードリーダーを置くことで、特定保険医療材料のバーコードを読み取り、カウントが可能になります。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。