動物用麻酔呼吸装置 ADS-1000(Model:2000)
製造販売企業:新鋭工業株式会社

● 製品について

世界の最先端をいく米国の獣医師が絶賛した機能と操作性を備えた、動物用麻酔呼吸装置です。

● 特長

●体重を入力するだけで、最高吸気圧、分時換気量などの必要な呼吸モード値が自動設定されます。
●複雑な呼吸モード値の設定を必要としないため、日常の臨床の中でも手軽に調節呼吸による麻酔を利用できます。
●自動設定された数値をいつでも(麻酔中含む)変更することができます。(設定値:分時流量・呼吸回数・最高吸気圧・補助呼吸感度)
●停電時でも内蔵バッテリーで最大12時間の作動が可能です。(バッテリーの状態による。野外診療も可能)
●麻酔中や覚醒時の突然的な無呼吸に対しても、最低換気回数の設定で換気をバックアップします。
●電源ON時に毎回自己診断テストを行ない、機器の各異常を感知した場合はメッセージと警告音でお知らせします。万一、電気的故障が発生し圧力異常が発生しても、メカニカルセーフティバルブが肺を守ります。
●手術中に起こりがちな挿管チューブの外れや、酸素供給不足による換気不良を、メッセージと警告音でお知らせします。
●体重1kg以下の動物にもご利用になれます。換気回数95回/分まで設定可能です。(研究室モード)
●極小動物から68kgの大型犬やミニブタまでの麻酔が可能です。
※パイピング仕様につき、ピン方式・シュレーダ方式のご指定をお願いいたします。
※酸素ボンベを使用する場合、別途専用減圧弁が必要です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。