バイレベルCPAP装置 iSleep 22
製造販売企業:チェスト株式会社

● 特長

●吸気時に高い圧力(IPAP)、呼気時に低い圧力(EPAP)と二段階で圧力を設定できるBi-Level方式を採用。CPAPでは吐きづらい場合や、処方圧が高い患者さんに違和感の無い処方ができます。
●患者さんの吸気を感知してEPAPからIPAPに切り替えます。このレベルを呼吸の大きさに合わせて9段階の設定ができますので、適切なレベルでの呼吸が可能です。
●呼吸のフローレベルを感知して、患者さんが吐く前に自動的に切り替えますので、呼気時の圧迫感がやわらぎます。
●6回/分のバックアップ機能を搭載していますので、無呼吸が発生した場合にも装置が呼吸をサポートします。
●本体からCFカードを用いて使用状況のデータが取り出せます。iSleepソフトウェアにより、コンプライアンスや詳細な呼吸の状況などの情報管理ができます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。