PathVision型 X線撮影装置

● 製品について

高分解能で高精細X線イメージが得られるマイクロフォーカス撮影装置で、病理検査や手術標本などの検体や病変の撮影に最適な装置です。10〜100kVの幅広い管電圧設定および20μm以下の極小焦点により6倍拡大、40lp/mmの解像度を誇ります。

● 特長

●その場でイメージの検査ができる大型CMOSデジタルカメラを搭載しています。(最大23cm×29cm)
●DICOM compliant software搭載で院内ネットワークと接続し、患者情報取得、PACSへの画像送信が可能です。
●管電圧は10〜100kVです。
●優れたイメージ品質です。
●低管電圧撮影で高コントラストです。
●最大6倍までの拡大撮影ができます。
●自動照射コントロール(AEC)搭載です。

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。