光学式眼軸長測定装置 OA-2000

● 製品について

【新しい白内障術前検査装置のカタチ。フーリエドメイン眼軸長測定+トポグラフィー。】
白内障術前検査に必須である眼軸長値と角膜曲率半径だけでなく、不正乱視などの情報を提供する角膜トポグラフィーを一度の測定で取得します。新測定方式を用いて測定率を向上させた新しい光眼軸長測定装置です。

● 特長

●高速測定と高い組織侵達度の測定方式として、フーリエドメインを採用しました。
●角膜曲率半径の測定は、リングコーン方式で行います。
●トーリンク眼内レンズ挿入をサポートする機能も搭載しています。
●ワンショットで最大7種類の測定データを短時間で取得します。
●初めて操作する検者でも、直感的な操作が行えます。
●取得したデータを元に本体内でIOLパワー計算を行うことができます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。