変視症定量評価チャート M-CHARTS Ver.2.0
製造販売企業:株式会社イナミ

● 製品について

変視を認知するためには、ある一定の長さの連続した直線の網膜面への刺激が必要です。この直線を、間隔の狭い点線から徐々に間隔の広い点線に変えることにより、次第に被験者は変視を認知しなくります。本表はこの現象を応用し、変視を簡便にしかも短時間に定量的評価することが可能です。

● 特長

●検査視標は固視点上を通る1本線と、中心暗点のある症例を対象とした固視点から1°離れた2本線のタイプがあります。
●低視力の症例を対象とした、点線の個々の点の視角が0.5°からなる太線のタイプがあります。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。