角膜切片切除用剪刀
製造販売企業:株式会社イナミ

● 製品について

東京医科大学病院眼科 中川迅先生のご指導により開発された製品です。

中川先生コメント
「ドナー眼球に対してはDSAEK graft作成のため、強角膜片は輪部からある一定の距離(3.5mm)が必要とされる。この剪刀は角膜輪部から一定に3.5mm幅で切除できるガイドを有しており、ストレスなく強角膜片作成を可能とする。またドナー眼から直接的に、強角膜片として摘出する事も可能である。」
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。