増殖膜剥離鉗子25G“メンブレンストリッパーW”
製造販売企業:株式会社イナミ

● 製品について

岡山北区高須眼科 高須逸平先生のご指導により開発された製品です。

高須先生コメント
「MIVSを用いて複雑な網膜剥離(PVR)を手術するスペシャリスト向けの眼内鉗子です。双手法を用いる際に、カッターとこの鉗子、もしくは両手にこの鉗子をもって、安全に効率よく膜処理をするために考案しました。
その特徴は、
・25G reusable forceps:MIVS対応かつ経済的
・チタン製:高剛性で、難症例やハードな使用に耐える
・大きく平坦なプラットフォーム:柔らかい膜が千切れになりにくい
・尖った部分がなく、表裏がないhead design:剥離網膜に対して安全
・0.2mmの間隙のある大きなヘッド:剥離網膜を押さえやすい
・2本使用(bimanual use)により、片方で膜を把持し、他方で網膜を押さえる。開いた間隙からstrandを引き出す。
・小児、若年者症例にも適応。
<複雑な網膜剥離症例に対する双手法>
▼鉗子とカッターを用いた硝子体切除
・鉗子で剥離網膜を抑えつつ、カッターで硝子体を切除する。
・開いた鉗子の間や、サイドからはみ出してくる硝子体を切除する。
・鉗子で剥離網膜を抑えつつ、カッター吸引でPVDを進める。
▼鉗子と鉗子を用いた膜処理
・片方の鉗子で剥離網膜を抑えながら、他方の鉗子で近くの膜をはがす。
・両方の鉗子ではがしつつある膜を把持し、中から外方向にテンションをかけて、膜を分割剥離する。
・両方の鉗子を用いて、交互に引っ張ってsubretinal strandを抜き出す。」

● 特長

●25G reusable forceps:MIVS対応かつ経済的です。
●チタン製:高剛性で、難症例やハードな使用に耐えます。
●大きく平坦なプラットフォーム:柔らかい膜が千切れになりにくいです。
●尖った部分がなく、表裏がないhead design:剥離網膜に対して安全です。
●0.2mmの間隙のある大きなヘッド:剥離網膜を押さえやすいです。
●2本使用(bimanual use)により、片方で膜を把持し、他方で網膜を押さえる。開いた間隙からstrandを引き出します。
●小児、若年者症例にも適応しています。
●受注生産品です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。