前嚢下ワイパー
製造販売企業:株式会社イナミ

● 製品について

静岡市静岡市立静岡病院眼科 堀井崇弘先生のご指導により開発された製品です。

堀井先生コメント
「白内障手術時の残留上皮細胞や残留皮質は、術後の後発白内障、前嚢混濁、前嚢収縮の一因であり、それらが視機能低下をもたらし、さらに眼底検査、眼底治療を困難にします。この前嚢下ワイパーは、サイドポートより挿入でき、全周の前嚢下残留皮質をこそぎ取ることで、よりきれいな白内障術後となります。手順は、I/A終了後、嚢内に粘弾性物質を満たしてから、この前嚢下ワイパーで前嚢下残留皮質を除去し、眼内レンズを挿入後I/Aにて前房洗浄すれば、ほとんど手間はかかりません。」

● 特長

●サイドポートより挿入でき、全周の前嚢下残留皮質をこそぎ取ることで、よりきれいな白内障術後となります。
●I/A終了後、嚢内に粘弾性物質を満たしてから、この前嚢下ワイパーで前嚢下残留皮質を除去し、眼内レンズを挿入後I/Aにて前房洗浄すれば、ほとんど手間はかかりません。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。