基礎医学研究システム BioLog® DL-5000B

● 製品について

【無線筋電図センサにロガー機能】
データ保存がしっかり行え、電波圏外の測定にも対応する多用途テレメータ筋電計です。

● 特長

●28チャンネル+4チャンネルDigitalSW(無電圧接点)
●無線筋電図は、16チャンネル
●12チャンネルの多様なバイオログセンサから角度、加速度、心電図など
●A/D変換は16bit、最速サンプリング周波数は1kHz(1msec)
●全チャンネルを最速サンプリング間隔で5時間のデータ保存
●携帯して使える呼吸代謝測定装置(VO2000)と連動、データを同期保存
●DigitalSWは、4チャンネルフットスイッチ(DL-251)や外部信号入力
●本体単独使用時、保存ファイル名に開始の日付と時刻を自動付加
●連続使用時間は2時間(無線オン)、24時間(無線オフ)
●USB接続時はバスパワーで動作
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。