下部消化管用 光学拡大スコープ EC-590ZP
販売企業:富士フイルムメディカル株式会社|製造販売企業:富士フイルム株式会社

● 製品について

細径の先端部径11.7mm、軟性部径11.8mmを実現した細径拡大大腸内視鏡です。外皮製法の変更により連続的な硬さ変化を実現。先端部から手元部分への硬さのバランスを改良し、スムーズな挿入をサポートします。

● 特長

●独自のスコープ設計技術を駆使し、挿入部が11.8mmの細径で光学ズーム機能により倍率135倍まで病変を拡大して観察可能です。大腸がんの早期発見などをサポートします。
●スコープ表面にコーティングする樹脂の量を、先端部分から手元側の操作部に向けて連続して変化させる構造を採用。大腸への挿入性の向上と、患者さんの苦痛軽減を両立したことで、効率的かつ安全な検査の実現を目指します。
●血管観察の阻害要因となる長波長光をカットする光学部材を搭載し、粘膜と微細血管の色のコントラストをより向上させました。分光画像処理機能「FICE」と併用することで、病変の早期発見・診断をサポートします。
●独自の画像センサー「スーパーCCDハニカム™」を搭載し、高い解像度を実現。微細な血管走行など微妙な色の描写力向上が期待できます。
●操作部のズームボタン形状の変更、さらに送水用のチューブ位置を変更することで操作性を向上させました。従来機種でご好評いただいている、「軽量で操作性に優れたグリップ」も採用しています。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。