上部消化管用 処置用スコープ EG-580RD
販売企業:富士フイルムメディカル株式会社|製造販売企業:富士フイルム株式会社

● 製品について

患者さんへの負担を考慮して、先端径を9.8mmとし、鉗子口径は処置具の挿通や吸引性を両立させる3.2mmを確保しています。また、鉗子口は処置時の視野確保のため、モニター上では8時方向から処置具が出る配置となっています。さらに操作の邪魔にならない位置にウォータージェット接続口を備え、処置具先端に狙いを合わせたウォータージェット送水ができるため、内視鏡処置を行うための利便性を追求したスコープとなっています。

● 特長

●鉗子口径は3.2mmを確保し、処置具の挿入性と吸引性を両立しています。
●スコープ先端から圧力のかかった水を噴射することで、病変部や出血部位の視野を明瞭にできる「ウォータージェット機能」を搭載しています。スコープ先端のウォータージェットノズルの位置を、処置具の出口近くに配置することで、処置するポイントへの送水性を改善しました。
●ウォータージェットノズルの口径を従来機種(EG-450RD5)の0.5mmに対して、1.0mmに拡大し、送水時の安定性を確保しています。
●鉗子口の直径は、処置具の挿入しやすさと吸引性を両立できる3.2mmの幅を確保しながら、先端部径を9.8mmの細径としたほか、軟性部に適度な硬さを持たせることで操作性を高めています。
●スコープ先端部の上下左右の湾曲角度が広く、小回りがきくため、観察しにくい部位へのアプローチをサポートします。
●新開発した独自の画像センサー「スーパーCCDハニカム™」とレンズを搭載、ノイズ低減技術と組み合わせて、解像度が高く、歪みの少ない画像を提供します。
●病変に近接して処置することが多いESDへ対応するため、高い解像度を持つCCDとレンズとの組み合わせで画質を最適化させることで、近接画質を向上し処置をサポートします。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。