CMOS搭載スコープ EC-600WM
販売企業:富士フイルムメディカル株式会社|製造販売企業:富士フイルム株式会社

● 製品について

最短2mmの距離から、病変などを細部まで観察できる内視鏡です。メガピクセルCMOSセンサーを搭載し、高精細・高画質を実現しました。

● 特長

●当社のスコープで初めて、イメージセンサーにメガピクセルCMOSセンサーを採用。独自の画像処理技術と組み合わせて、優れた解像度を持つ明るい静止画と、高精細で滑らかな動画を提供し、病変の早期発見をサポートします。
●コントラストの高い画像を提供する分光画像処理機能FICEにより、表層血管・病変の視認性向上が期待でき、病変の早期発見やスクリーニングをサポートします。
●新設計したレンズを搭載することで、最短2mmからの近接観察が可能になりました。拡大機能を使うことなく、スコープを近づけるだけで65倍相当の拡大効果を得ることができますので、病変などをより細部まで観察できます。
●送水チューブを接続する送水口を、LGコネクタ部(内視鏡の光源装置との接続部)に配置。チューブが内視鏡の操作の邪魔にならず、スムーズな検査をサポートします。
●全長が長く、屈曲部が多い大腸に挿入する内視鏡には、患者の苦痛を抑えるための軟らかさが求められる一方、医師による操作の微妙な力加減を伝えるために、ある程度の硬さも必要とされています。
●手元から先端に向かって連続的に硬さを変化させることで、操作者の微妙な力加減が先端部に伝わりやすくなっています。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。