小腸用処置用スコープ EN-580T
販売企業:富士フイルムメディカル株式会社|製造販売企業:富士フイルム株式会社

● 製品について

鉗子口径を3.2mmとし、処置具の挿通性が向上したことで、よりスムーズで効率的な処置をサポートします。また、独自開発の画像センサーと新レンズにより、観察性能が向上しました。

● 特長

●狭い小腸管内に適した近接(2mm〜)での解像度の向上を追求し、高解像度と低ノイズを両立する独自開発の画像センサー「スーパーCCDハニカム™」と、新設計のレンズを搭載。より詳細な粘膜の観察が期待できます。
●従来機(EN-450T5/W)に比べて、鉗子口径を2.8mmから3.2mmに拡大し、検査中に視界を確保するため血液や便などを吸引する性能を3.6倍に向上しました。これにより検査・処置時間の短縮が期待できます。
●バルーンカテーテルやクリップデバイスなどのさまざまな処置具に対応。処置具の抜き差しなど挿通性を改善しており、特に内視鏡を深く挿入しなければ検査できない小腸深部において、スムーズな処置をサポートします。
●送気・吸引用のチューブを接続するバルーン送気口を、操作部から離れたLGコネクタ部(内視鏡の光源装置との接続部)に配置。チューブが医師による内視鏡の操作の邪魔にならず、スムーズな検査をサポートします。
●バルーン送気口のコネクタを改良し、ほかの接続口との識別性を高めました。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。