分析前工程 統合管理モジュール MPAM+

● 製品について

MPAM+は単なる開栓・分注を行う検体前処理装置とは異なり、「迅速検査」のための高速化、「品質保証」を行うための品質改善、「業務改善」のための運用を可能にし、多くの検査室が抱えている問題を解決するためのソリューションを提供します。

● 特長

●開栓570検体/時、分注540検体/時の高速処理
●検体情報をプレラベル2次容器に直接印字
●最大28エリアに検体を仕分
●コントロールをランダムに自動発進
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。