小腸用汎用スコープ EN-580XP
販売企業:富士フイルムメディカル株式会社|製造販売企業:富士フイルム株式会社

● 製品について

細径化により検査時の患者の身体的負担を軽減し、先端部外径7.5mmを実現した汎用スコープです。

● 特長

●スコープ先端部外径が、従来機「EN-450P5/20」よりも1mm細い7.5mmになりました。これにより、検査における患者の身体的負担を軽減します。また、クローン病などで腸管が狭窄しているケースにおいても従来機と比較して、より低侵襲な検査が可能です。
●狭い腸管内の観察に適した近接(2mm〜)でもピントが合った明瞭な画像が得られます。高解像度と低ノイズを両立する独自開発の画像センサー「スーパーCCDハニカム™」と、新設計のレンズを搭載。従来よりも詳細な粘膜の観察が期待できます。
●バルーン・専用オーバチューブの素材には、新たにシリコーンゴムを採用しました。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。