超音波内視鏡用観測装置 SU-1
販売企業:富士フイルムメディカル株式会社|製造販売企業:富士フイルム株式会社

● 製品について

【新開発の画像処理マイクロプロセッサーで、データを高速処理。高精細・高画質な画像を実現し、病変部の早期発見・治療をサポート】
新開発の画像処理MPU(Micro Processing Unit)により、高精細・高画質な超音波画像が得られる超音波内視鏡用観測装置です。
※平成27年6月25日発売です。

● 特長

●新開発の画像処理MPUによりデータを高速で処理することができ、また独自の画像処理技術により、当社従来機に比べてノイズが少ないため、より高精細・高画質な画像を得られます。
●CHIやElastographyといった多彩なモードを新たに搭載。また音速補正は、観察画面全体だけでなく、注目したい範囲のみの補正も可能になりました。そのほかに血流情報を表示するパワードプラ、カラードプラも搭載しています。
●基本検査機能のボタンを大型化し、操作性を向上。使用しているモードに対応して、タッチパネル上に必要な操作機能を表示。直感的で分かりやすい操作が可能です。さらに、防水シートで操作パネル面をラミネートし、操作ボタンの間隙をなくすことで、清掃性を高めました。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。