ラジアル走査超音波内視鏡 EG-580UR
販売企業:富士フイルムメディカル株式会社|製造販売企業:富士フイルム株式会社

● 特長

●高い解像度と色再現性を備えた画像センサー「スーパーCCD ハニカム」を搭載。またスコープ軟性部の改良による操作性・追従性の向上、新開発の操作部採用により、当社従来機に比べてより優れた内視鏡画質と操作性を実現しました。さらに、新探触子の採用により、先端形状の小型化や超音波画質を向上させました。
●超音波振動子から360度全周にわたり超音波が発信されるラジアル走査方式。主にスクリーニングに使用されます。
●先端部外形は従来機と同じ11.4mmながら、鉗子口径は従来機より0.6mm大きい直径2.8mm。また先端湾曲部の曲げ半径をより小さくし、最大湾曲角度も180°から190°に拡大。さらに、超音波検査だけでなく、内視鏡検査も通常の内視鏡に近い操作で行えます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。