走査式前房深度計 SPAC

● 製品について

角膜中心から耳側周辺部へ連続的に前房深度を非接触で測定し、閉塞隅角緑内障の発症危険性を自動で評価することで、閉塞隅角緑内障眼若しくは閉塞隅角緑内障危険眼をスクリーニングすることができます。

● 特長

●TAKAGI独自の解析プログラムを開発し、瞬時に高精度な三次元画像解析を可能にしました。前眼部OCTのような煩雑な設定は必要なく、顎台に顔を乗せてスタートボタンを押すだけで即座に測定を開始し、結果を導きだします。
●従来の検査では難しい「定量化」を実現することにより、緑内障患者の継続的なフォローを容易にしました。
●スキャン光源を可視光から赤外光に変更し、更に測定ポイントを従来の2倍に増やすことで、より再現性の高い高精度なデータ解析が可能となりました。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。