汎用超音波画像診断装置 LOGIQ P9

● 製品について

医療現場の声を反映し、操作する医療従事者の利便性を追求した新機能および、日本のお客様のニーズに対応するソリューションを搭載した製品です。技術革新による超音波検査の幅の広がりや高齢化に伴い、病棟での検査が増える現状に対応するため、運搬しやすいコンパクトサイズで60kgというクラス最軽量(※)を実現しました。これは、検査技師の約7割程度が女性であると考えられることから、女性にとって優しい軽量装置となっています。

※GE社LOGIQシリーズコンソール型超音波による最軽量

● 特長

●移動後、瞬時に操作ができる電源装置「Mobile Assistant」を搭載
●使いやすい画面レイアウトに設定可能な「マイページ」を初搭載
●装置の取り扱いが動画ですぐ確認できる「マイトレーナー」を初搭載
●ボタンやキーを徹底的に整理したシンプルなコンソール「Keyless & Digital TGC」を搭載
●狭小な日本の医療施設でも導入しやすいコンパクトな設置面積
●GE社同クラス初の21.5インチのモニターを採用、さらにワイドで見やすく、より高画質な画像を実現
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。