マウスフィルタ PIF-2A

● 製品について

マウスフィルタは、唾液や喀痰などを効果的に捕捉することで、機器の細菌汚染を防止し、肺機能検査における安全性を高めます。

● 特長

●凹みを付け咥え易くすることで、測定時の呼気吸気の漏れを低減、かつ加えるための余計な努力を軽減させました。
●帯電フィルタを用いることで効率を向上させ、かつ最適設計にて呼吸抵抗を低減させました。(特許登録済3521395)
●PIF-1Aに比べより透明になり、内部状態もわかりやすく、軽量化も実現しました。
●ウィルス捕集効率(VFE)=99.9%以上、細菌捕集効率(BFE)=99.9%以上です。
●呼吸抵抗は1.0cmH2O・sec/L以下(14L/sec時)と十分に低く測定値に影響を与えません。この値は米国のATS(胸部疾患学会)が定める厳しい基準をクリアしています。
●マウスピースとフィルタを一体化しているにもかかわらず、使用時のデッドスペース(死腔量)は60mLです。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。