ICGクリアランスメータ RK-1000モデルA
販売企業:彩友メディカル株式会社|製造販売企業:新生電子株式会社(日本)

● 製品について

【採血せずにICG検査を実現。採血法と極めて高い相関を示す値を測定できます】
肝機能検査の中でIndocyanine Green(ICG)試験は、色素排泄に関する鋭敏な試験として臨床で広く用いられております。本装置は血液中のICG濃度を経皮的にかつ連続的に測定し、肝機能検査値である血漿消失率K値と15分停滞率R15値の指標を算出するために使用します。

● 特長

●15分の測定が終わると、直ちに内蔵されているマイコンがK値とR15値の計算を行いますので、検査したその場で結果を見ることができます。
●1秒毎にICG濃度を測定して表示しますので、クリアランスカーブを継続して観察することができます。
●画面に表示されるメッセージに従ってスイッチを押すだけで簡単に操作できます。
●採血がありませんので、血液汚染による事故を防止できます。また、静脈にICGを注射するだけなので、患者さんの負担も軽減されます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。