手動式除細動器 ハートスタートXL+

● 製品について

【使いやすさへのこだわり、進化し続けるテクノロジー、救命の質の向上へ】
ハートスタートXL+は、フィリップスの他の除細動器やAEDと同じユーザーインターフェースを採用しています。ハートスタートMRxやフィリップスの生体情報モニタと同様のアラーム、同じケーブルやアクセサリを使用できるため、より使いやすく引き継ぎにも手間がかかりません。また、在庫管理の簡便化にもつながります。拡張性のあるプラットフォームを備え、ニーズの移り変わりに応じて設定変更や機能の追加が可能な除細動器です。

● 特長

●「使用準備完了」インジケータが見やすく、除細動の準備完了を手早く確認できます。前面のLEDで電源(バッテリ)の状態をチェックできます。
●SMART Biphasic波形を用いた除細動/同期カルディオバージョンは容易な操作で実施可能。また、AEDモードで特殊なパッドやアクセサリを使用せず成人、小児、乳児を含むあらゆる患者に対応できます。
●成人・小児用、X線透過型など用途に合わせたパッドでマニュアルまたはAEDモード、ペーシング、カルディオバージョン、モニタリングに対応します。
●見やすい画面に最大3波形と数値、アラーム設定値(パラメータバー)、患者の状態を示す情報が表示されます。
●カプノグラフィでEtCO2レベルをモニタリングし、患者の挿管の有無にかかわらず呼吸の状態やCPRの効果の評価に役立ちます。接続が簡単なセンサでEtCO2モニタリング機能を使用できます。
●AEDモードでのクイックショックとマニュアルモードで最短クラスの充電時間(成人に対する標準的な除細動エネルギーの充電時間:3秒)は、CPRの中断を最小限に抑え、ショック実行までの時間の短縮に役立っています。
●生体情報モニタリングパラメータとして3誘導/5誘導心電図、心拍数、SpO2、EtCO2、非観血血圧などを搭載し(一部オプション)、緊急時からベッドサイドでのモニタリングまで、ケアの連続性を維持しながら1台で対応できます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。