血管造影X線診断装置 Cardiovascular X-ray Allura Xper FD20

● 製品について

【血管撮影室の新時代を開く】
次世代のAllura Xper(アルーラエクスパー)FD20は、血管系、非血管系から塞栓術、インターベンショナルオンコロジーにおける手技に至るまで、今日必要とされるさまざまな手技に対して最適化されたシステムです。優れた画質と先進のインターベンショナルツール(オプション)を併せ持つAllura Xper FD20は、臨床現場のワークフローとシームレスに統合され、真のXperシステムとして活躍します。またライブ3Dガイダンス(オプション)によって、インターベンション手技の幅がいっそう拡がります。さらに、統合されたワークフロー、直観的なユーザーインターフェース、パーソナライズ可能な設定により、Alluraの全機能を最大限に、しかも容易に活用できるので、幅広い手技において、高度な臨床ケアを効率的に無理なく提供することができます。

● 特長

●Allura Xper FD20はあらゆるインターベンション手技を支援する目的で設計され、準備やプランニングからアーカイブ、レポートに至るまで、あらゆる段階で役に立ちます。
●フィリップス独自の2k×2kイメージングチェーンの採用により、微小な細部や血管を極めて鮮明な画像で評価できます。
●手技中には高画質の透視画像と先進のロードマップ機能を使用できます。
●堅牢なCアームは患者へのアクセス性にも優れ、ローテーションスキャン(オプション)もわずか数秒で極めて正確に実行できます。
●人間工学に基づく直観的なユーザーインターフェースを備えたAllura Xperシステムでは、システムの操作に気を取られることなく患者に集中することができます。
●自由に移動できるフローティング機能を備えた超軽量なXperテーブルは、最大で体重250kgの患者に対応しています。
●Xper設定では、術者1人1人に合わせた基本設定とプロトコルが事前にプログラムされているので、手技中に貴重な時間と労力が無駄になりません。
●患者データ管理、検査予定作成、画像撮影、システム動作、画像の後処理やアーカイブの作業手順に応じて設定し、同じ診療科内の各医療スタッフが個別の設定を使用することができます。
●イメージングに対する厳しい要求に応え、高度な臨床ケアの提供を支援するために、一連のパワフルな診断/インターベンショナルツールを備えています。
●フィリップス独自の線量管理プログラムDoseWiseは、低被ばく線量での高画質の実現に役立ちます。
●SpectraBeamによるフィルタリングのバックボーンとなる大容量X線管は、要求の厳しい手技においても、静かで中断されることのない操作環境を実現します。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。