超電導磁気共鳴画像診断装置 Multiva 1.5T

● 製品について

今、医療現場では迅速で確実な臨床診断と、患者さまそれぞれに適した医療サービスの提供、そして経済的価値の追求という多面的な目的を達成することが求められています。それら医療現場からの声に寄り添い開発されたMultiva1.5Tは、日々進化しつづける画像診断学への追従と、検査ワークフローのスピードアップとの両立を目指したシステムです。
新しいコイルコンセプトとワークフローを搭載したMultiva1.5Tは、ルーチン検査のさらなる高速化および高画質化と、アプリケーションの卓越性の両方の実現をサポートします。

● 特長

●時間を優先させた10分ルーチン検査の撮像条件をプリセットできます。
●脳神経領域やオンコロジーイメージングをはじめとする高度な臨床アプリケーションを搭載しています。
●新しいFlexStreamワークフローにより検査時間を最大で40%短縮します。
●容易な設置性と省電力設計による優れた経済性です。
●進化し続けるフィリップスのパラレルイメージング法SENSEは、倍速設定の高さで業界から高い評価を得ています。Multivaでは最大16倍速の設定が可能です。
●FlexStreamワークフローによって、脊椎検査はコイルハンドリングが不要になり、頭頸部、体幹部、関節、広範囲の血管系の検査はすべて、超軽量化されたAnterior Torsoコイルまたは8チャンネルSENSE MSKコイルで行うことができるようになります。
●SmartAssistは、SmartExamとExamCardを組み合わせたフィリップスのパワフルな次世代アシストツールです。SmartAssistにより反復作業が半減することで、効率が大きく向上します。
●大型のHead Spineコイルは、ヘッドホンを装着した状態でも検査が可能なほどコイル内にゆとりがあります。
●脊椎イメージングは前面コイルを装着しないオープンフェイスで行います。
●パワフルなプラットフォームにより、脂肪抑制に優れた広いカバレッジ撮像、高速イメージング、息止め時間の短縮、高い分解能を実現しています。
●全身を対象とする高度なイメージングに加えて、スペクトロスコピー、拡散テンソルイメージング、ファイバートラクトグラフィーなど、高度な要望に対応する豊富なオプションがあります。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。