磁気刺激装置 TMU-1100

● 製品について

【過活動膀胱(OAB)治療の新たな選択肢】
40歳以上の8人に1人が、過活動膀胱(OAB:Overactive Bladder)の症状を持ち、その患者数は800万人以上と言われています。TMU-1100は、尿失禁を伴う過活動膀胱患者の症状の改善を目的として治療を行うために、主に骨盤底領域の神経の刺激を行う磁気刺激装置です。着衣のまま、座った姿勢で治療でき、治療への抵抗感や患者さんの負担を軽減します。

● 特長

●刺激は、できるだけ我慢のできる強度(最大刺激強度法)で行います。0〜100%まで患者さんに合わせて強度を変更できます。
●刺激時間や強度などの設定は、ICカードに自動記憶。2回目以降は、カードリーダにICカードを挿入するだけで前回使用した刺激条件を装置に自動的に設定できます。
●刺激開始後、刺激強度は設定値まで自動的に徐々に上がります。なお、刺激中に任意に刺激強度を変更することも可能です。
●座面はクラリーノ生地で、アルコールでの拭き取りも可能。いつでも清潔に保てます。
●空冷装置によって椅子座面温度は安全な温度以下に保たれます。複数の患者さんに続けて使用することも可能です。
●リッツ線コイルとコアの採用により100V商用電源での使用が可能のため、特殊な電源設備は不要です。
●椅子型の刺激ユニットの座面下に刺激コイル・コアを内蔵。服を着たまま座るだけで刺激ができるため、患者さんの負担や治療への抵抗感を軽減します。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。