アスルク

● 製品について

「膵頭十二指腸切除術」等の縫合糸ホルダーアスルク™(東北大式)。胆管-空腸吻合用(大1個)+膵管-空腸吻合用(小3個)/セット。東北大学病院 肝胆膵外科との共同開発品で、円弧型縫合糸整理器=An arc type suture thread rearranging containerよりASRCアスルク(東北大式)とネーミングしました。

● 特長

●従来のモスキート鉗子等での縫合糸把持時による過度な負荷が生じた場合の組織損傷を防ぐことができます。
●胆管-空腸吻合用(大)は、全周にスリットを設けていることにより、どの位置でも糸が絡まずに縫合糸を整理することができます。
●胆管-空腸吻合用(小)は、糸をひとまとめに整理し移動、位置の微調整を行うことができます。
●素材を発泡スポンジにしていることにより、様々な形状の開創部にもフレキシブルにフィットします。スリットに縫合糸を挟み込むことにより、多数のモスキート鉗子等を使用することなく糸を整理・保持できます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。