心臓カテーテル検査データ処理システム Sensis

● 製品について

【一台で血行動態とEP検査両方の記録ができる、新世代の統合型ソリューション】
心臓カテーテル検査のデータ処理効率を飛躍的に高める新世代の統合型ソリューション、それがSensisです。この1台で、高精度な血行動態とEP検査両方の記録ができるだけでなく、さまざまな装置・システムからのデータを統合。必要なデータを適切に表示することで、臨床ワークフローを柔軟かつ効率的にサポートします。また、世界最高クラスの信号処理技術により高い信号品質が得られ、拡張性・統合性・ネットワーク連携をコンパクトに集約したシステムです。

● 特長

●世界最高クラスの信号処理技術によりEP検査の信頼性を飛躍的に高めます。
●HemoとEPの統合Solutionです。
●システム・インテグレーションのためのアプリケーションが多彩です。(オプション)
●シーメンス社製血管撮影装置Artisシステムとの連携が可能です。(オプション)
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。