未包装品用高圧蒸気滅菌器 EAC-2600P 連続滅菌対応モデル

● 特長

●標準クラスのφ220モデルで奥行きの深い16.0リッターのチャンバーを搭載しています。
●インターバル(待ち時間)が必要なく、作業終了後すぐに次の滅菌作業を行うことができます。
●緊急時はもちろん、診療数の多い医療施設に最適です。また器具の回転効率を上げることで器具コスト削減にも繋がります。
●滅菌完了時の減圧の際、0.08MPaにて除菌エアーを滅菌室内へ送り込むことで減圧効率を向上させ、減圧完了時の滅菌室内の蒸気の余剰を減らします。
●使用される乾燥ポンプは全て富士医療測器株式会社製のピストン式オイルレス加圧ポンプを採用しています。
●電源電圧は標準仕様であるAC100Vと消費電力が少ないことが魅力なAC200V(受注品)がラインアップされています。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。