トロポニンキット パスファースト cTnI

● 製品について

心筋トロポニンは心筋の筋原繊維蛋白の一部で、その構造からI、T、Cの3種類があります。心筋トロポニン(IcTnI)は通常健常者では検出されないため、その測定値は心筋の壊死とその程度を示します。急性心筋梗塞におけるcTnIは、発症後数時間で急激に上昇しますが、胸痛発症後陰性であっても6〜12時間後に再度測定することが推奨されています。

● 特長

●パスファーストcTnIは、ESC/ACCF/AHA/WHFガイドライン準拠の超高感度トロポニン測定試薬であり、米国FDAが要求する最新の臨床試験手順を経て承認された最初のトロポニン測定試薬です。
●移動式免疫発光測定装置パスファーストに入れてスタートボタンを押すだけで、測定が開始されます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site