フィブリン分解産物キット パスファースト DダイマーH

● 製品について

Dダイマーは、血栓の存在を示唆すると共に、二次線溶の亢進状態であることを示す血中マーカーです。生体内の血液が過凝固状態に陥ると一連の反応によりフィブリンが生成された後に、FXIII(第XIII因子)の作用を受けて安定化フィブリン(血栓)が形成され凝固反応が終結します。これに連動して生体内では、生成した血栓を除去する目的でプラスミンによる分解反応(二次線溶)が始動されます。その結果、生成された産物がDダイマーです。DダイマーはDICや感染症、手術後、等の二次線溶亢進時に高値となりますが、特に静脈血栓塞栓症の診断に有用です。

● 特長

●パスファーストDダイマーHは血栓の存在を示唆すると共に、二次線溶の亢進状態であることを示す血中マーカーDダイマーの測定試薬です。
●DダイマーはDICや感染症、手術後、等の二次線溶亢進時に高値となりますが、特に静脈血栓塞栓症の診断に有用です。
●移動式免疫発光測定装置パスファーストに入れてスタートボタンを押すだけで、測定が開始されます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。