全自動尿分析装置 US-3500
販売企業:栄研化学株式会社|製造販売企業:テラメックス株式会社(日本)

● 製品について

【更なる使いやすさを求めて】
栄研化学の全自動尿分析装置は、独自の画像解析システムを基板に、その精度と解析能力を進化させてきました。そして今回、新たにカラーCMOSセンサを測光部に採用したUS-3500を開発。スペックを継承しつつ、コンパクト化を実現しました。さらに試験紙架設数の増加、カラー液晶タッチパネルの採用などにより、使いやすさに改良を加えています。US-3500は進化した機能で、さまざまな尿検査をより的確にサポートいたします。

● 特長

●蛋白質/クレアチニン比(P/C比)、アルブミン/クレアチニン比(A/C比)の自動演算可能
●ランダムアクセス測定
●1mLの微量検体測定(消費検体量:最大0.23mL)
●新型フローセルの採用
●コントロール測定モード採用
●異常発色の識別機能・ビリルビンの陰性化補正機能を搭載
●ヘモグロビンと赤血球の呈色識別機能を搭載
●尿中有形成分分析装置と搬送接続可能
●ブランク担体補正機能付
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。