リアルタイム皮膚線量計 RD-1000
製造販売企業:トーレック株式会社

● 製品について

近年、低侵襲治療であるインターベンショナル・ラジオロジー(IVR)の症例数が増えています。一方、長時間のX線透視により、患者被ばく量の増加が懸念されています。リアルタイムで患者の皮膚入射線量を直接測定することは、より正確に患者の被ばく線量を管理しやすくなり、X線被ばく線量の低減に役立てることができます。トーレックでは、透過性に優れ手技の邪魔にならないセンサーを応用した線量計を開発しました。専用PCソフトを利用してデータ管理が容易にできる、実用性に優れたリアルタイム皮膚線量計です。

● 特長

●耐久性に優れた高輝度の新開発シンチレーター(蛍光素子)をセンサー素材に採用しました。
●センサーおよびケーブル共にX線透過性に優れているため、X線画像への影響(フットプリント)の発生を最小化しました。
●ケーブルは柔軟性のある光ファイバー素材であるため、患者皮膚面へのセンサー装置が容易です。
●IVRでの使用を考慮し、マルチチャンネル(4センサー)による同時測定が可能です。
●本体ディスプレイをタッチして、測定値表示を線量率または積算線量に切り替えることが可能です。
●PCとの接続による測定データ転送・保存が可能です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。