尿自動分析装置 ZD-601
販売企業:富士フイルム和光純薬株式会社|製造企業:マイクロニクス株式会社(日本)

● 製品について

尿自動分析装置 ZD-601は、学校、企業等の集団検診用として威力を発揮します。

● 特長

●1,500検体/時の高速処理が可能です。
●500検体連続測定ができるサンプルチェンジャーシステム(検体カートリッジ[50検体用]を10個架設できます。)
●尿蛋白・尿糖・尿潜血・尿ウロビリノーゲン・尿白血球といった測定項目を任意に設定できます。全項目測定時でも処理能力は変わりません。
●横幅100cm(サンプルチェンジャー含む)のコンパクト設計です。接地面積は従来機の約80%に小型化しました。
●カラーディスプレイで見やすい画面です。
●ハードディスクに2万検体分の測定データの保存が可能です。
●蛋白陽性検体は尿蛋白分析装置ZD-601Pと接続して自動再検、マイクロTPテストワコーで定量測定します。
●OSにWindowsを使用していますので、他のアプリケーションソフトを利用してのデータ集計が可能です。また、データ転送機能を標準装備していますので、システム化にも対応できます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。