ゼータ迅速赤沈計 ZESR

● 製品について

【1hr値、2hr値がわずか3分で!EDTA加血液500μlで!、手のひらサイズでコンパクト!】
1993、血液学の標準化に関する国際会議(ICSH)においてEDTA抗凝固処理を行った非希釈血液を用いる沈降法が承認されています。ゼータ迅速赤沈計(ZESR:Zeta Erythrocyte Sedimentation Ratio)は従来のWestergren法、Wintrobe法の改良法として、新しく考案された赤血球沈降速度の簡易測定器です。
内径φ2.55mm×10cmのキャピラリー赤沈管にEDTA加血液500μlを吸収し、3分間の反転自転機構をもった低速垂直遠心を行ったのち赤血球の沈降率Z%を測定し、Westergren法の1hr値、2hr値を算出します。

● 特長

●全身病状及び経時変化をとらえるのに有用で歴史ある赤沈検査が迅速、かつ簡便にできるようになりました。
●外来迅速検査、診察前検査に最適です。
●血球算定の残余血液を用いることでクエン酸採血業務と採血管が不要です。
●EDTA加血液を用いることで赤血球形態の安定が保て、採血後6時間までの測定が可能です。
●検査時間を短縮します。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site