診断用ワークステーション アドバンテージCRS2 Centricity CA1000

製造販売企業:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

製品について
【先進の思想と最新の技術、そして最高の信頼性を循環器領域へ】
Centricity CA1000は、放射線部門で数多くの納入実績を誇るDICOMビューワCentricity RA600をベースに、循環器領域専用に開発された、最新の循環器領域専用画像解析ワークステーションです。Centricity RA600での優れた高機能、カスタマイズ性はそのままに、循環器領域での検査・診断で重要なアプリケーション、QVA(定量的左心室機能解析)、QCA(定量的冠動脈解析)にも対応いたしました。Centricity CA1000は、循環器領域での検査・診断を強力にサポートし、循環器画像ネットワークの新たな可能性を拓きます。QVA(Quantitative left Ventricular Analysis:定量的左心室機能解析)左心室造影画像から、駆出率解析、壁運動解析を行なえます。また解析レポートの作成も可能です。
特長
●循環器領域用の多機能画像解析ワークステーション
●DICOM接続による検査装置及びPACSとの統合ネットワークに対応
●シネアンギオ、カーディアック超音波、SPECT、PET、MRI、CT、胸部X線など、静止画から動画まで循環器領域における全ての画像診断をサポート
●心機能解析、DSA、冠動脈血管狭窄率解析機能、各種超音波画像計測機能など、豊富な循環器アプリケーションを搭載

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。