X線骨密度測定装置 PRODIGY Advance

製造販売企業:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

製品について
【Smarter, Faster, Better!】
骨粗鬆症の診断と骨折リスクの評価を、もっと簡単かつ効率的にできないか。この多くの声に応えるために、GE Lunarは、“Smarter, Faster, Better”を合言葉に、次世代のX線骨密度測定装置「PRODIGY Advance」を新たに開発しました。
特長
●マルチスライスDXA方式
●Narrow Angle Fan Beamにより、高速な骨密度測定を全身領域で実現
●SmartScan機能により、自動骨形状認識測定が可能となり、検査前のスカウトスキャンが不要に
●脂肪量などの体組成も測定可能
●従来の測定モードに加え、10秒モード(Quick View™)を搭載
●通常の骨密度計測に加え、大腿骨の形状から大腿骨の強度を解析し、骨折予知に重要な指標が得られるAHA(Advanced Hip Assessment)搭載
●CAD(Computer Assisted Densitometry)が測定データを即座に認識し、被験者ポジションの乱れや骨の変形、圧迫骨折からくる測定値の異常や特殊な解析条件をオペレーターに知らせます。
●腰椎及び両大腿骨のスキャンを1回のポジショニングで計測可能にするOne Scan
●DICOM対応
●PRODIGY AdvanceはPRODIGYの標準機能にQuick View機能を追加したモデルです。

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。