超音波踵骨測定装置 A-1000 InSight

製造販売企業:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

製品について
【究極の精度を求めて、超音波骨密度測定のブレークスルー誕生】
現在、1,000万人といわれる骨粗鬆症の患者数は、診断機会の増加に伴ってますます増えることが予想されます。また、治療薬の効果判定には、高精度の測定装置が欠かせません。GE Lunar社が新たに開発したA-1000 InSightは、リアルタイム・イメージング機能を備えた新世代の超音波骨密度測定装置です。踵骨のイメージングをリアルタイムで行うことにより、小児測定や特異的な患者さんの判定にも対応が可能です。骨密度測定データの更なる質の向上を目指した、超音波骨密度測定装置のブレークスルーが誕生しました。
特長
●スマートドライ方式
●2次元アレー画像(約600素子)
●リアルタイム画像による測定部位の確実なポジショニング。小児などの小さな足でも測定可能
●左右探蝕子固定と水温管理機能でDXAとの相関が高い
●軽量・ポータブルで簡単な操作
●日本語対応(カラーLCDパネル、PCソフト)
●高速測定(最短10秒)
●DICOM対応

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。