超音波診断用ワークステーション ViewPal

製造販売企業:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

製品について
【ポストプロセス処理で場所・時間を選ばず解析・レポート作成】
ViewPalは、Volusonなどの超音波診断装置で取得した情報(静止画、動画、ボリュームデータ)をDICOM経由で一元的に管理するためのワークステーションです。
特長
●取得した3D/4Dのボリュームデータに対してVolusonと同様の高度な解析が行えます。
●被験者の情報管理や画像解析、レポート作成など、これまで個別の超音波診断装置で行っていた作業を一括して行うことができます。

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。