汎用超音波画像診断装置 Voluson E8/E8 Expert

製造販売企業:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

製品について
【一流の醍醐味】
新しい発想から生まれたプラットフォーム、クリアな基本画像と3D/4D性能、先進のVolumeレンダリングやエルゴノミックデザイン、そして、洗練されたワークフロー…。超音波診断装置の究極をめざして開発されたVoluson E8。Volume Ultrasoundの開拓者として、世界中のお客様から高い評価と信頼を得ているその真髄を、ぜひご自身の目と手でご確認ください。
特長
●リアルタイム3D/4D超音波の最上級機種
●胎児心臓検査や腹部、乳房検査でも威力を発揮します。
●豊富な3D/4Dアプリケーションで研究もサポートします。
●使いやすさを追求した先進の機能性とフォルム
●GE Healthcare独自の先進のリアルタイム空間フィルター「SRI II(Speckle Reduction Imaging)」により臓器の性状や境界を明瞭に表現することができます。
●感度と分解能が格段に向上し、さらに方向性の表示も可能になった先進の血流表示法「HD-Flow」
●複数の異なる角度の超音波ビームでデータを収集し、リアルタイムで表示する「CrossXBeam™CRI」
●プローブを動かした範囲の画像を連続的に表示する「XTD-View」が乳腺・甲状腺、表在領域、血管構造などの観察に威力を発揮します。
●GE独自のCoded Technologyを用いたハーモニック・イメージング技術「CHI(Coded Harmonic Imaging)」で、ペネトレーションを落とさずアーチファクトの少ない、コントラスト分解能の高い画像を実現します。
●Volumeデータを用いて一定間隔の平行面を多断面表示する「TUI(Tomographic Ultrasound Imaging)」
●胎児や新生児の心臓を対象にした4D収集法「STIC(Spatio-Temporal Image Correlation)」など豊富なアプリケーション
●音線方向に制限されないM-モード画像が描出できます。(Anatomical M-mode)
●DICOM対応※
●Bモードで血流を表示します。(B-Flow)※
●Volumeデータを用いて厚みを持たせた画像を表示する「VCI(Volume Contrast Imaging)」搭載※
●臓器や腫瘍などを直交3断面で確認しながら辺縁をトレースすることにより、簡単に対象物の体積を算出し、立体画像を表示する「VOCAL II(Volume Calculation)」搭載※

※Voluson E8 Expertは標準装備、Voluson E8ではオプションとなります。

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。