モダリティ用DICOMサーバ Centricity DICOM Archive Server

製造販売企業:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

製品について
【Centricity DICOM Archiveは、IT医療の基盤を提供します】
Centricity DICOM Archiveは、医療画像通信の世界標準規格「DICOM3.0」に準拠した、DICOMイメージサーバー/アーカイバーです。大量に画像枚数が発生するマルチスライスCTや、最新のMRI、データの大きいフラットパネルなどの画像保管に適応。
アーカイバーには、最新のBlu-rayドライブを選択することも可能です。Centricity DICOM Archiveは、これからの病院総合システムを見据えた、真のITソリューションを提供します。
特長
●CTやMRなどの大容量データに適応するモダリティ用DICOMサーバ
●Centricity Webによる画像の配信機能も搭載
●オンラインCacheにS, L, XL, XXの4つのラインナップを用意
●読影用ワークステーションCentricity RA600 V8を使用することで、最大限の能力を発揮
●Centricity Enterprise Webとのインテグレーションで高品質画像を汎用Webブラウザで閲覧可能
●DICOM対応

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。