レポーティング・システム Centricity i3

製造販売企業:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

製品について
【それは、イメージと情報を統合し、そこに、インテリジェンスを持たせる仕組み】
レポーティングシステムに求められるのは、大きく2つの機能です。1つは所見・診断をスムーズに入力できること、2つ目めは該当画像を自動的にオープンできること。しかし、それだけで充分なのでしょうか?レポーティングシステムを単なるツールではなく、業務サポートシステムとして捉えるならば、まだまだできることはあるはずです。GEは、日本市場を見つめながら、あらゆる側面からベストシステムを追求しました。レポーティングシステムの現状に新たな視点を切り拓く。…ここに、その成果があります。
特長
●正確な部位情報ありきの理念で開発されたレポーティングシステムです。
●所見、診断を記入する際、過去レポートリスト上では直近の同一Modality、同一部位リストが自動選択され、所見、診断内容を一目でご確認頂けます。
●同時にCentricity RA1000上では、今回画像と共に直近の同一Modality、同一部分画像が自動的にOPENします。
●放射線科医が関連する過去所見、診断内容や画像を「探す」という「労力」を省き「業務効率up」に寄与します。

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。