硬性気管支鏡 デューモンブロンコスコープセット

製造販売企業:原田産業株式会社

製品について
自社取扱いの気管・気管支ステント「デューモンチューブ」を挿入するための硬性気管支鏡です。この商品はフランスのEFER社が気管支レーザーやステント留置などで著名なDr.Dumonの協力のもとに開発されました。取り外し可能な気管支鏡のパーツを組み合わせることにより診察だけでなく種々の手術に使用できます。
成人用ステント留置キット(4種類のイントロデューサーで直径8〜16mmのストレートステント及びYステントの留置が可能)
成人用ブロンコスコープキット(気管用及び気管支用外筒が各4本セットになっておりステント挿入前のダイレーターとしての役割も果たします。)その他テレスコープ、ライトガイド、鉗子類も含まれます。Yステントローダー(Yステント及び直径18〜20mmのストレートステント用留置キット)その他小児用などもあります。
特長
●外径8〜13.2mmの気管/気管支用外筒が9本あり、細いものから順次太い外筒を狭窄部に挿入することでステント挿入前のダイレーターとしての役割を果たします。
●外筒及びステント留置用イントロデューサ―/プッシャーは、カラーコード化され、組み合わせが簡単です。
●外筒により充分に気道確保ができ、気管壁を圧迫することで出血をコントロールすることができます。
●外筒先端部分を回転させながら前進させ(core out)、浸潤している腫瘍が切除でき、専用の吸引カテーテルで腫瘍を吸引することができます。レーザーやAPC等の併用で手術時間の大幅な短縮が期待できます。
●メインポート及びサイドポートに専用の吸引カテーテルを一度に数本使用することでスコープを抜かずに吸引が可能です
●各種ベンチレータ―との併用が可能です。

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。