プロダクト エピソード

Wincommジャパン株式会社 タッチパネルPC WMPシリーズ
第2回(全2回):高速の画像処理や演算処理に対応するタッチパネルPCで、AIを活用した医療を支援する (1/2)

タッチパネルPC「WMP-19K」が採用されている事例のひとつに、AIを活用した内視鏡システムがある。AIのように大量かつ高速のデータ処理が求められる医療で、WMPシリーズが貢献するポイントとは何か、Wincommジャパン株式会社の中島合未喜氏に話を聞いた。

掲載日:2020年11月18日

[ 記事ラインナップ(毎週水曜日更新)]

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。