神経伝導の再現・観察モデル

● 製品について

【活動電位を気泡で表現し、神経伝導をシミュレート】
Dr.Matthias Ducci、Dr.Marco Oetken教授との協力で開発された、神経線維における活動電位(インパルス)の伝導を視覚的にシミュレートする、優れた実験器具です。 多数の生物学の教師が神経線維における活動電位の伝導を教育できる実験器具が無いことを指摘してきました。我々はDr.Matthias Ducci(教師養成大学のPH Karlsruhe)とProf. Dr. Marco Oetken(教師養成大学のPH Freiburg)の協力を得て、神経伝導を効率的にシミュレートできるユニークな実験モデルを開発しました。

● 特長

●特定の状況下では酸性の液体中の鉄に酸化被膜が形成される性質を利用しています。
●鉄の棒に可逆的な不動態化と再活性化をおこすことで、視覚的なシミュレートを可能にしました。
●無髄神経における電位の連続的な移動、有髄神経における跳躍伝導、神経伝達物質による伝達を演示できます。
※実験に使用する化学物質(過酸化水素、硫酸、塩化ナトリウム溶液)が別途必要です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。