クーデック®気管支ブロッカーチューブ
製造販売企業:大研医器株式会社

● 製品について

気管支組織へのダメージを軽減する低圧カフの採用、抜管後の気管チューブの再挿管が不要、換気しながらの操作、これがクーデックの考えた低侵襲分離肺換気です。

● 特長

●分離肺換気を目的とし、気道確保のために挿管された各種チューブと組み合わせて使用
●分離肺換気終了後、引き続き気管内挿管による人工呼吸が必要な時も、気管支ブロッカーチューブを抜管するだけ。気管内チューブを交換する必要はありません。
●オートインフレータなし(タイプA)とオートインフレータあり(タイプB)の2タイプあります。
●独自のオートインフレータは、片手操作でカフの膨張が行えます。気管支ファイバースコープを操作できます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。