ニロモニタ NIRO-200NX
販売企業:アイ・エム・アイ株式会社|製造販売企業:浜松ホトニクス株式会社(日本)

● 製品について

近赤外分光法(NIRS)を用いたニロモニタ。2種類の測定原理を用い脳の酸素化・代謝を詳細に表現します。

● 特長

●定量性に優れた空間分解分光法(SRS法)と反応性に優れたMBL法。2つの測定原理を用い、より細かな脳酸素の情報を提供します
●各ヘモグロビンの濃度変化量により、脳の状況がより詳しくわかります
●ユーザの用途に合わせて、「標準画面」「複合画面」「重ね合わせ画面」の3種類から表示方法を選択することが可能です
●USBメモリへのデータ保存、サブディスプレイへのビデオ出力、intelliBridgeを介したPhilips製モニタでのデータ統合管理など、多彩なインターフェース
●維持コストを抑えるコンパクトなリユーザブルプローブ
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。