鼻腔と副鼻腔の構造, 5分解モデル

販売企業:日本スリービー・サイエンティフィック株式会社

製品について
鼻腔と副鼻腔(上顎洞・篩骨洞・前頭洞・蝶形骨洞)を再現しています。
特長
●このモデルは、1.5 倍に拡大した顔の右側半分から成り、鼻の内部および副鼻腔の構造を再現しています。
●頭蓋は各部位ごとに色分けされており、取り外し可能な皮膚は透明なので、つけたまま頭蓋骨の構造を確認することできます。
●外側から下記の構造を見ることができます。
・外鼻軟骨
・前頭洞、篩骨洞の位置を確認できます
・上顎骨の一部と頬骨を外し,上顎洞を外側から観察できます。
●正中断面では下記の構造を見ることができます。
・鼻腔(粘膜に覆われた状態)
・鼻甲介(上・中鼻甲介、下鼻甲介の取外しが可能)
・副鼻腔:上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞
・粘膜下の動脈
・嗅神経
・鼻腔の外側壁および鼻甲介と口蓋の神経分布

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。