製品について
胃炎から穿孔性潰瘍まで8つの病状を再現しています。
特長
●軽度の胃炎から穿孔性潰瘍まで様々な胃の状態を観察できる病理学モデルです。
●約1/2倍大の食道と十二指腸付(一部)の胃は縦断され、「表層性胃炎」「びらん性胃炎」「出血性胃炎」「治癒期と瘢痕の形成」「萎縮性胃炎」「肥厚性胃炎」「出血性胃潰瘍」「穿孔性胃潰瘍の」病状を確認できます。
●台座上にある拡大された胃壁のレリーフでは「正常な粘膜」「急性胃炎、発赤と粘膜のはれ」「びらん性胃炎、粘膜の欠損」「出血性胃潰瘍、筋層まで組織が欠損」「穿孔性胃潰瘍、全層を穿通」の状態を確認できます。

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。